Skip to main content

持続可能な生産、持続可能な製品


IAIR Awards Gold 2014 & 2015
模範となる行動

私たちは、クリーンエネルギーの生産に関わる企業として、責任を持って行動するように求められるでしょうし、実際にそのように行動しています。当社は、環境イニシアチブと透明性のある経営により、太陽光モジュールメーカーの環境責任についてのSVTC太陽光スコアカードで上位5社に入っています。また、RECは、IAIR誌が主催する「Best Solar Company for Sustainability(持続可能な優秀なソーラー企業)」を2年連続で受賞しました(2014年および2015年)。

 

製品寿命にわたって環境に優しい

RECの太陽光モジュールは、製品化される前段階の部品レベルの時点から持続可能であることを求められています。最先端の生産工程では、持続性のある製造方法を実施し、原料、水の消費を減らし、廃棄物を最小限に抑えています。また、当社のそういった考えを確実に共有してくれるサプライヤーを厳しく選定しています。RECの環境に関するパフォーマンスについてはここをご覧ください。

 

太陽光モジュールのリサイクル

Sustainability

製品寿命以降に適切に廃棄ができていなければ、太陽光モジュールによりクリーンでグリーンなエネルギーを作ることは、半分しか成功していないと言えます。
当社は、自社製品を耐久性が高く、リサイクル可能な製品にしていくため一丸となって取り組んでいます。REC太陽光モジュールのリサイクルについてはここをご覧ください。

 

低いCO2排出量

このような厳しい取り組みにより、RECモジュールは低いCO2排出量を実現しました(フランスに本拠を置く独立した太陽光エネルギーエンジニアリングサービス企業であるSolstyceの評価による)。SolstyceによるRECモジュールのCO2排出量計算については以下をご覧ください。

 

短いエネルギーペイバックタイム

この低CO2排出量により、REC太陽光モジュールのエネルギーペイバックタイムは1.2年であることが立証されました。このエネルギーペイバックタイムの計算は、権威あるECNという研究機関(オランダのエネルギー研究センター)によるものです。つまり、RECモジュールは、モジュール生産に必要とするエネルギーと同量のエネルギーを1年ほどで生成することができます。それ以降は、エネルギー利益になります。完全なレポートをご覧になるには、RECにお問い合わせください

 

COP21: RECと気候変動との戦い

COP21構想の重要な部分として、RECは政府、協会およびその他の関係者向けの公開申請である「サニーコミットメントの要請」を発行し、クリーンでコスト競争力のある太陽エネルギーがどのようなものかを概説し、 安全な気候のためにソーラー成長の障壁を排除する必要があります。

RECは気候変動に関する市場調査を実施し、どのように太陽光がCOP21のギャップを埋めるのに役立つかについて調査しました。 調査には、グローバル、米国、ドイツ、オランダ、ベルギー、日本の調査結果が含まれています。 この研究のためにここをクリックしてください。

 

持続可能性への取り組み

RECでは、持続可能について真剣に取り組み方策を実施し、環境のために自分たちの役割を果たすようにしています。これは、お客様が太陽光発電を導入することによって役割を果たしていることと同じです。

close menu
‹ Prev Next ›